失敗しない!ロリポップからエックスサーバーへ移転の手順【画像でわかる】

もう何度か記事にもしてきましたが、最近のブログと言えばWordpressが主流といっても過言ではないくらいに浸透しています。

人気の秘訣は何と言ってもその柔軟性ではないでしょうか。

その気になればWordPressだけで見栄えの良いサイトが簡単にできてしまうほどです。

インターネットで「CMS」と検索しても、検索上位は全てWordpressで埋まってしまいます。

レンタルサーバーを利用している方の中にも、Wordpressのためにレンタルサーバーを契約している方は多いのではないでしょうか?

ただ勉強を開始した時期に契約したサーバーは、ちょっと知識や技術が向上するとどうしても物足りなくなるもの…。

そんなときには恐らく誰もが「もう少し上位スペックのサーバーに引っ越ししようかなぁ…」なんて考えたりします。

ライトユーザーがもっとも多いとされているロリポップお手軽に使えて料金も安いのがメリットです。

しかし、エコノミープランはWordpressが使えないプランとなっているほか、バックアップ機能がないなどちょっとした不満もあったりします。

そこで今回は、ロリポップからエックスサーバーへのWordpress移転方法についてご説明いたします。

ロリポップとエックスサーバーではどちらがWordPress運用に向いているのかを比較するほか、無料で試す方法についても触れていきます。

上位スペックが気になっていた方も、ぜひ当記事を読んでみてください。

サーバーを比較してみる

早速ですが、ロリポップとエックスサーバーを簡単に比較していきたいと思います。

まずはそれぞれのサーバーの料金から。

今回はWordpressの引っ越しについての記事ですから容量やスペックを揃えることはせず、あくまでもWordPressが使える最低限のプランでの比較をします。

サーバー料金の比較
サーバー名(プラン名) ロリポップ(ライトプラン) エックスサーバー(X10)
初期費用 1,500円 3,000円
月額料金 250円~ 900円~

料金はこのようになっています。

料金だけで見ると断然ロリポップの方が安いですね。

まぁロリポップの最大のウリは低価格ですから、ここで負けるわけにはいかないはずです。

では次に簡単にプランのスペックを比較してみます。

サーバースペックの比較
サーバー名(プラン名) ロリポップ(ライトプラン) エックスサーバー(X10)
容量 50GB 200GB
転送量 60GB/日 70GB/日
無料SSL あり あり
データベース 1個 50個

このプランでの比較であればカタログスペック的にはあまり大差はありません

ただしあくまでもカタログスペックですので、実際に使ってみると結構な差が出てくるんです。

例えばWordpressを始めてまだ日も浅いユーザーであれば記事もそんなに多くはないはずです。

アクセス的に見ても1日に100人程度かもしれません。

この程度であれば無理に引っ越しを検討する必要はないのではないでしょうか?

ロリポップからエックスサーバーへ引っ越しをしたところで、表示速度などに違いを感じることは恐らくできないでしょう。

しかし、これが

  • 記事もかなり増え
  • アクセス数もコンスタントに1日1000人程度
  • 常に100人以上はあなたのサイトを覗いている

状態になったとしたら?

これはもう引っ越しを考えていい時期だと言えます。

エックスサーバーに引っ越すことでロリポップと比べ、表示速度が2倍以上短縮されたケースもあります。

では引っ越しを検討する時期の判断はどうつけるか?ですが、これは一度「実際に引っ越しをしてみればいい」のです。

幸いエックスサーバーは無料お試し期間が10日間ありますので、契約前に実際に稼働させてみてから検討すれば間違いないはずです。

また、お試しで引っ越しをする際にもロリポップの方のWordpressを消す必要はありません。

引っ越ししてみたけど、やっぱりまだロリポップで十分だったなんて時にはエックスサーバーのお試し期間が過ぎるまで待つだけ。

後は勝手にエックスサーバーがサーバー内のデータを削除してくれるので、わざわざ再度ロリポップに引っ越しをする必要もないんです。

この方法なら金銭的にもタダなので、実際にエックスサーバーを試してみてみましょう!

株式会社PEEP 高原

ブログの記事が増えアクセス数も増えてきたら「サーバーの引っ越し」を考えていい時期といえる
エックスサーバー契約前の「無料お試し期間中」に実際に稼働させてから検討すれば間違いない

ロリポップ → エックスサーバーへ引っ越してみる

引っ越しの際の流れはネット検索すれば沢山の記事が出てきますので、ここでは簡単におさらいしてみましょう。

詳しい説明などはこの後じっくりと説明していきます。

引っ越しのフロー

  1. エックスサーバーと契約(仮契約)
  2. ロリポップ側のWordpressデータをバックアップ
  3. エックスサーバーで引っ越しの事前準備
  4. エックスサーバーへWordpressをインストール

このような流れになります。

エックスサーバーとの仮契約が必要な理由は、利用料金を支払う前の段階まで契約を進めることでエックスサーバーの無料体験ができるようになるからです。

また今回Wordpressの引っ越しには「Duplicator」というWordpressプラグインを使用します。

このプラグインを使うことで簡単に全てのデータをそっくりそのままエックスサーバーに移せます

文字で読むとかなり面倒な作業に見えるかもしれませんが、実際にやってみるとそこまで面倒な作業ではないと思いますので、これから順を追ってじっくり説明させていただきます。

エックスサーバーの仮契約をすると無料体験ができるようになる
Wordpressの引っ越しには「Duplicator」プラグインを使用

エックスサーバーと契約(仮契約)

まずは下記のページからエックスサーバーとの仮契約をします。

エックスサーバー 公式サイト

これをしないと何も始まらないので一番最初に済ませてください。

公式サイトの最下部のあたりに上の画像の様なボタンがありますので、「お申し込みはこちら」から申し込みをしてください。

難しいことは何一つないのでここでつまずくことはないでしょうから、仮契約については説明を省略させていただきます。

エックスサーバーとの仮契約を進めると、
10日間の無料お試し体験」ができるようになる

ロリポップ側のWordpressデータをバックアップ

仮契約が終わりましたら、次はロリポップ側でWordpressのデータを全てバックアップします。

ここで使用するのは先ほども少し触れましたがDuplicator」プラグインです。

まだインストールしていない方も多くいらっしゃると思いますので、そちらの説明から入らせていただきます。

プラグインの検索

まず現在稼働中のWordPressを開きます

次に左側メニュー群から「プラグイン」を選択します。

次にプラグイン画面の左上にある「新規追加」をクリックします。

プラグインを追加という画面に切り替わると思いますので、

その画面の右上にある「プラグインの検索」部分に”Duplicator”と入力します。

プラグインが検索され、下の画像と同じプラグインが表示されるはずです。

ロゴが以前と変わっているので、もしかしたらこの記事を見る時期によってはまたロゴが違うかもしれませんが、名前が同じであれば同一プラグインですから安心してください。

このプラグインをインストールします。

今すぐインストール」をクリックしてください。

インストールが完了したら、「有効化」も忘れずにおこなってください。

Duplicatorの使い方

インストールが完了すると、Wordpress左側にあるメニュー群に「Duplicator」が追加されているはずです。

このプラグインを選択し、

その中にある「Packages」をクリックします。

まだパッケージが作成されていないので、英語でパッケージを先に作るように促されます。

画面右上にある赤で囲っている部分「Create New」をクリックします。

Name」と書かれた部分はバックアップするデータの名前を入力する欄です。

今回はDuplicatorの記事ではありませんので、詳しい説明は省略します。

とりあえず引っ越しに必要なデータを作成するのに最低限必要な部分は名前のみですから、

この赤枠の部分にわかりやすい名前を付けてNext」をクリックします。

データスキャンが始まります。

全てのスキャンが完了するとその結果が表示されます。

今回はオールグリーンとなっていますので全て成功したようです。

赤枠の部分にチェックを入れると「Build」がアクティブになりますので「Build」をクリックします。

バックアップデータの作成が始まります。

バックアップが完了するとデータをダウンロードするかどうか聞かれます。

この時、ダウンロード可能なファイル(赤枠で囲んだ部分)は「Installer」と「Archive」の二つあります。

  • Installerはデータをサーバー移行する際に必要となるファイル
  • Archiveはバックアップデータ本体

両方必要になりますので、二つともダウンロードしておいてください。

これでDuplicatorを使った作業は終了となります。

バックアップデータも全て準備できました。

このようにDuplicatorを使うと非常に簡単に引っ越しの準備ができるようになります。

Duplicatorを使ったバックアップの流れ

  1. 「Duplicator」プラグインをインストール
  2. 「Installer」と「Archive」二つのデータをダウンロードする
  3. バックアップデータの準備が完了

エックスサーバーで引っ越しの事前準備

ドメイン設定

さて次にすることですが、まずはエックスサーバーのサーバーパネルロリポップで使用しているドメインを使えるようにしておきます

ドメイン画面を開いて下さい。

次に「ドメイン設定追加」タブをクリックして、ロリポップで使用しているドメインを入力します。
入力が終わりましたら最後に「確認画面へ進む」をクリックしてください。

ドメイン設定の画面が表示されると思いますので、「追加する」をクリックします。

これでドメインの追加が完了しました。

次の画像の赤い枠内を見てください。

SSL設定が失敗した旨のメッセージがあると思います。

これはまだ仮契約なのでSSLでの利用ができない状態ですから、特に気にしなくても大丈夫です。

本契約の際にはこのSSL設定は使えるようになります。

動作確認URLの設定

ここまでの操作でドメインの設定は完了しましたが、まだこのままではエックスサーバーにWordpressをインストールしても見ることはできません。

ロリポップのサイトを消すことなくエックスサーバーのWordpressを表示させるには「動作確認URL」の設定が必要となりますので今からご説明します。

まずはサーバーパネルのトップページまで戻り、

赤い枠の部分「動作確認URL」をクリックしてください。

次に「動作確認URL設定追加」タブを開きます。

プルダウンメニューから、先ほど追加したドメインを選択し、

最後に「追加する」をクリックします。

無事追加されたことが確認できました。

これでエックスサーバーでの事前準備は終了です。

もう一つ必要なのがローカル環境の事前準備ですので、次はそちらの設定に移ります。

hostファイルを編集する

hostsファイルとは、ネット接続の際にドメインとIPアドレスを紐づける役割を持つファイルです。

むやみやたらに変更を加えると大変なことになりますので普段はあまり触らないようにしましょう。

今回はこの最終行に1行追加するだけの作業なので、簡単です。

まず肝心のhostsファイルですが、Windowsなら「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts」にあります。

エクスプローラーで検索をかけてください。

下の画像の様なファイルが開かれたと思います。

この一番下の行に「エックスサーバーのIPアドレス」と「先ほど追加したドメイン名」を入力します。

入力形式は「IPアドレス+半角スペース+ドメイン名」です。

例えば、

IPアドレスが「123.456.789」で

ドメインが「sample.com」なら

123.456.879 sample.com

と入力してください。

なお、エックスサーバーのIPアドレスを調べるには、

まずサーバーパネルから「サーバー情報」をクリックします。

次に情報一覧が出てきますので、

その中にある「IPアドレス」が該当するIPアドレスとなります。

hostsファイルに入力し保存したら、

ブラウザからドメイン名を入力し開いてみてください。

無事エックスサーバーの初期画面が表示されるはずです。

エックスサーバーで引っ越しの事前準備の手順

  1. 「ドメイン画面」でロリポップで使用しているドメインが使えるように設定
  2. 「動作確認URL」の設定
  3. パソコン内のhostファイルを編集する
  4. エックスサーバーの初期画面が表示される

エックスサーバーへWordpressをインストール

さて、これで全ての準備は整いました。

ここからはバックアップを取ったデータをエックスサーバーにインストールさせる作業です。

データベースを作成する

まずはデータベースを作成します。

サーバーパネルから「MySQL設定」をクリックしてください。

次に「MySQL追加」タブを開き、

データベース名を入力

最後に「確認画面へ進む」をクリックします。

これでデータベースの作成は完了です。

ただこのままではデータベースにアクセスできませんので、続いてユーザーも追加します。

同画面より「MySQLユーザ追加」タブを開きID、パスワードを入力。

最後に「追加する」をクリックします。

これでユーザーも無事作成完了しました。

バックアップデータをインストール

ここからはいよいよバックアップデータをインストールする作業に入ります。

FTPソフトを使っても良いのですが、今回は説明のためにエックスサーバーの公式サイトから利用できるファイルマネージャーを使って説明させていただきます。

まず公式サイトよりファイルマネージャーの管理画面にログインします。

ファイルマネージャーにログインできたら、

ドメイン名と同じフォルダがありますので、

そちらをクリックしその中にある「public_html」をクリックします。

「public_html」の中身に2つのファイルがありますが、邪魔になるので消して構いません。

この階層に先ほどDuplicatorでダウンロードした2つのファイルをアップロードします。

アップロードが完了したら、

ドメイン/installer.php」にアクセスしてください。

下の画像のような画面が出てくると思いますので、

赤枠部分にチェックを入れて「Next」をクリックします。

データベースの情報を入力する画面が出てきますので、

①~④全てに入力し、「Test Database」をクリック。

最後に「Next」をクリックします。

後は指示に従い全てNextを押せばデータベースバックアップは完了です。

これで全ての作業が完了しました。

エックスサーバーへWordpressをインストールする流れ

  1. データベースを作成する
  2. バックアップデータをインストール
  3. 全ての作業が完了

まとめ

いかがでしたか?

エックスサーバーでのWordpressの快適性を確認してみて、

ロリポップと変わらないようであれば引っ越しの必要はありませんし、

もし変わるようであればこのまま本契約すればいいだけです。

記事で読むと長く感じますが、作業自体はそうでもありませんし、難しいことは何一つありません。

WordPressはCMSの中でも動作がしっかりしている分、サーバーによっては快適に動作しないこともあります。

この検証方法で様々なレンタルサーバーを試して、自分に一番合ったサーバーを見つけるのも良いかもしれません。