使っちゃヤバい!?格安サーバーのガチ比較ランキング

格安サーバーランキング

格安サーバーと一言にいっても価格帯には大きな違いがあります。

そこでこの記事では月200円を基準に、

超”格安サーバー(200円以下)
格安サーバー(200〜500円)

2タイプに分類させていただきました。

【200円で分類した理由】

  • 200円以下はできることが制限される
  • 大きな差はワードプレス への対応・非対応

これを読めば、今主流の格安サーバーの特徴は全て網羅できるというくらい、詳細に比較しておすすめをご紹介しています。

おすすめできる格安サーバー
使えないサーバー

に加え、それらの理由までしっかり理解できる内容になっています。

サバ

最強の格安サーバーはどこだ??
私がお付き合いのあるプロのアフィリエイター、ブロガーさんの意見も反映させて比較しています

 

単なるスペックの比較ではなく、ガチで使えるかどうかでご紹介します!

株式会社PEEP 高原

①ちゃんと理解してる?格安サーバーが出来ないこと

kakuyasu-servar-risuku比較ランキングをご紹介するまえに、格安サーバーができないこと、使うリスクについて解説します。

格安サーバーは、通常のサイト運営には不向きな部分がたくさんあります。

安いから!というだけで使うのはかなりリスキーなので、きちんと「できること」「できないこと」を理解した上で使ってください。

利用目的が明確で「格安サーバーでもデメリットがない」ということなら使うのもOKです。

サバ

格安な分、デメリットも多いのか…
まずは、あなたの利用目的本当に格安サーバーで大丈夫か確認してからランキングに進んでください。

株式会社PEEP 高原

1.1超格安サーバーで出来ること(200円以下)

syumisaito-muke200円以下の超格安サーバーでは、月2000アクセス以下までの超小規模ウェブサイト運営が可能です。

この価格帯のサーバーでは、ワードプレスを運用することはできません。
(ほぼ非対応、対応していても表示が遅すぎて使い物にならない

超格安サーバーは、あくまで趣味レベルでのサイト運営しかできません。

  • サークルのオリジナルサイトを持ちたい
  • 草野球チームのホームページを作りたい
  • 趣味の作品を公開するサイトが欲しい

といったアクセスが少ないサイトで良いという用途に向けたサービスとなります。

サバ

収益目的では使えないんだね
表示速度が遅すぎて、アクセスが集まらないんですね

株式会社PEEP 高原

1.2格安サーバーで出来ること(500円以下)

kakuyasu-WP-ososugiru500円以下の格安サーバーでは、ワードプレスに対応したところも増えて来ます。

ですが、こちらもビジネス目的で使うにはあまりにサイトの表示速度が遅すぎます。

なので、ワードプレスを使って趣味ブログを作って見たいといった方に最適なサービスとなります。

サバ

WPには対応しているけど、使い物にならない…って感じか
ワードプレス自体が重いので、スペックの低いサーバーでは、表示が超遅いサイトになってしまいます

株式会社PEEP 高原

逆に、ワードプレスを使わないのであればアフィリエイトやアドセンスで収益を上げる収益目的のウェブサイト運営が可能なスペックになります。

具体的には、

  • ホームページ制作ソフト
  • ワードプレス以外のCMS

で作るアフィサイト・ブログには良い選択肢となります。

ワードプレス以外のウェブサイト例
ホームページ制作ソフト ・シリウス

・ホームページビルダー

・Dreamweaver

など…

CMS ・MT

・Joomla!

など…

CMS(Contents Management System):HTMLやCSSの知識がなくてもウェブサイトが作れるシステムのこと。ワードプレスもこの一つ。

サバ

WP以外なら収益目的もいけるのか!
損失を出さないよう、格安サーバーを使うリスクについても、理解してから選ぶようにしてください!

株式会社PEEP 高原

1.3格安サーバーを使うリスク

demerit-risuku格安サーバーを使ってデメリットがないのは、下記のようなサイトを運営する場合だけです。

【格安サーバーで問題がないサイト】

  • ワードプレスを使わない
  • 月間のアクセスが2000以下の小規模サイト

あなたの利用目的がこれに該当しない場合は、月1000円以上のスペックの高いレンタルサーバーを使うようにしてください。

そうしないと、表示速度が遅すぎることで下記のような損失があります。

【格安サーバーで起きる損失】

  1. 表示速度が遅すぎ
  2. 読まずに離脱する読者の増加
  3. アクセスの低下
  4. その結果、SEOで順位が下がる
  5. さらにアクセスが減る

 

その結果、

コンバージョン、売り上げが激減

する

サバ

負のスパイラルだ…
  • ワードプレスを使いたい
  • 月2000アクセス以上のサイトを作る

というビジネスでサイト運営をしたい方は、

「プロしか知らない!マジでおすすめのレンタルサーバー比較ランキング!」

の記事で、表示速度が十分なレンタルサーバーを選んでください。

株式会社PEEP 高原

ワードプレス以外の小規模サイトを運営する方は、次の項目にお進みください。

主要な格安サーバー各社がごとの強みや弱み、どれくらいのスペックを持っているのかを、徹底的に解説しています!

②格安サーバー比較表

hikakuh-top10各社の詳細な特徴は、中盤以降で解説するとして、まずは格安サーバーの比較表をご覧ください。

これで、まずは格安サーバーを使うなら、どこが有力な候補になって、どこがイマイチなのかが理解できます。

格安サーバー比較表
サービス名 おすすめ度
200円以下 500円以下
リポップ
さくらのレンタルサーバー
スターサーバー
スウィートS
バリューサーバー
カゴヤのWP専用プラン
コアサーバー
ミニム
クイッカ
エクストリム
格安サーバーでは、知名度が高いさくらロリポップ有力な候補になります

株式会社PEEP 高原

サバ

他にも聞いたこととがあるサーバーがあるけど…

 

なぜさくらやロリポの方が良いんだろう??

※10位以下のサーバーが気になる方へ…

その他、ランキングトップ10に入っていないサーバーについては、下記でご紹介しています。

おすすめ度が低いので、興味がなければ飛ばしていただいてOKです。

一応記載しておきます!

 

もしかしたらあなたが検討していたサーバーが「ランキングに含まれていなかった…」というケースもあると思うので…

株式会社PEEP 高原

XREA

基本無料 有料版は191円〜。

無料系で生き残っている数少ないサーバー。

WPも動くが、表示速度を考慮すると収益目的でのサイト運営には不向き

カラフルボックス

この値段で機能的には良いが、運営実績が短いところが難点。

スペックの割に価格が安すぎるので、もう少し運営状況をみてから判断したいところ。

ドメインキング

表示速度が遅いので、あまりおすすめしない。

500円の価格帯の格安サーバーには他にも有力な候補がある。

IQサーバー

ドメイン分散はサテライトサイト作りに便利

ただ大量のサテライトサイトを使うブラックハットSEO目的ならアリ。

逆に言えばそれくらいしかメリットがないので、一般的なWebサイト運営には不向き

Zcom GMO

ロリポとかと比べても悪くはない…。

だが利用者があまり多くないので、わからないことがあった時に、ググっても情報が出て来づらい。

290円、360円はちょっとお手頃だが、初心者には手を出しづらい。

FC2

アダルト系を運営するくらいしか強みがない。

リトルサーバー

WPが導入できるが、他社と比較してこれといった強みが見られない。

ちょこちょこ障害が出ているという口コミもあり。

ジェットボーイ

カラフルボックスと同じでまだ新しいサービス。

スペックと料金があっておらず、今後長期的に運営されるかを見極めてからでないと、利用しづらい。

フレンドサーバー

月300円前後でアダルトOKのサーバー。

魅力的な内容だが、サーバー自体がアメリカにあるので、日本での通信だと表示速度が遅いという難点あり。

格安でアダルトサイト運用をしたいなら…選択肢としてはあり。

ラクサバ

特別な特徴がなく、わざわざ選ぶ必要はない…。

つかえるネット

長いことやっているサーバー会社なので、運営は信頼できる。

総合的に悪くはないが、こちらもネット上で情報収集しづらいので、初心者が使うには苦労する可能性がある。

99円

WPが導入できない。

公式サイトも新着情報とかも更新していないため、他のサーバーに比べると運営が少し手抜きな印象がある。

ドメイン設置が無制限であることは強みだが、普通の使い方ではメリットは薄い。

88円

公式サイトも随分更新されていない。

88円でWPに対応しているのは珍しいが、ビジネス目的で利用するには遅すぎる

リトル

まだ始まったばかりで、判断が難しい。

ジャストサイズドットネット

何気に長いことやっている。
運営もきちんとしてそうだが、こちらも利用者が少なすて評価が難しい。

③サーバーごとに詳細を解説!格安サーバーランキング

kakuserver-tokucyoでは次にサーバーごとに詳細な違いを解説した おすすめ比較ランキング をご紹介します。

スペックだけでなくトップアフィリエイター、ブロガーさん達からの口コミをまとめて作っているので、かなりリアルな評価になります!

サバ

おすすめサーバーと、それ以外の違いがわかるね!
私が実際にお会いしている方々のリアルな意見も含めて評価しています!

株式会社PEEP 高原

おすすめ1位:ロリポップ

評価
表示速度
(3.0)
サーバースペック
(3.0)
料金
(4.5)
バックアップ
(3.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(3.0)
月額料金
初期費用 1500円
無料おためし 10日間
エコノミー 100円
ライト(おすすめ)  250円
スタンダード(おすすめ)  500円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
エコノミー 10GB 40GB/日 不可
60GB/日 1 対応
スタンダード 120GB 100GB/日 30 対応
MEMO
言わずと知れた大手!格安系では総合バランスno.1

知名度・利用者数でいうと間違いなくトップのロリポップ。

遅いと言われがちなサーバーですが、最近のスタンダードプランは500円という低価格ながら優秀な表示速度を出せるスペックなので、選択肢としては十分にアリです。

ライト・スタンダードプランはワードプレスに対応していますが、現実的な表示速度を考えると、導入はおすすめしません。(SEO的にもマイナスが出るレベルの遅さ)

逆にワードプレスを使わない(シリウスなど他のCMSでサイトを作る)場合であれば、十分な表示速度がでるので、良い選択肢となります。

ライバルの「さくらサーバー」との比較は下記の通りです。

  • 速度・サーバースペックはロリポップが半歩リード
  • 初期費用はさくらより500円高い
  • バックアップも有料(さくらは無料)
  • お試し期間がさくらより短い

料金面ではさくらに劣るが、スペックや表示速度はロリポップが有利といったイメージでOKです。

格安系では一番バランスの良いサーバーです。

ポイント
  • エコノミー:月500アクセス以下のペラサイトを作るなら十分
  • ライト:月500アクセスを超えるペラ〜数ページのサイトなら十分
  • スタンダード:店舗サイトなど、月に1000アクセス前後の小規模サイトなら十分
  • いずれもワードプレスは遅すぎる

サバ

格安では最有力だね!
ワードプレスはおすすめしませんが…

それ以外ならベストなサーバーです

株式会社PEEP 高原

ロリポップ の詳細はこちら

おすすめ2位:さくらのレンタルサーバー

評価
表示速度
(2.5)
サーバースペック
(2.5)
料金
(5.0)
バックアップ
(3.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(3.0)
月額料金
初期費用 1029円
無料おためし 14日間
ライト  129円
スタンダード(おすすめ)  515円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
ライト 10GB 40GB/日 不可
スタンダード 120GB 80GB/日 20 対応
MEMO
ロリポップと並ぶ”有名格安サーバー”

さくらサーバーの特徴は、ロリポップに近いスペック・表示速度でありながら、初期費用が安い点です。

ディスク容量や転送量、MySQLといったスペックの部分は、若干ロリポップより劣っています。

正直、使っている体感でいうと、どちらも格安サーバーなりの使い心地、表示速度といった感じです。

一昔前まではありえないほど遅い…という印象だったさくらですが、最近はロリポップもさくらサーバーもあまり差はありません。

ロリポップより順位が低いのは、

  • スペックで若干劣っている
  • コントロールパネルが少しわかりづらい

というマイナス点を考慮した結果となります。

ポイント
  • 知名度はトップレベル
  • 運営もしっかりしている
  • ロリポップより初期費用が安い
  • スペックはロリポップより若干劣る
  • コントロールパネルは若干使いづらい
  • いずれもワードプレスは遅すぎる

サバ

料金最優先ならさくらもありだね
スペックは微妙に差がありますが…

 

体感の表示速度はほぼ互角といってよいでしょう

株式会社PEEP 高原

おすすめ3位:スターサーバー

評価
表示速度
(2.5)
サーバースペック
(2.5)
料金
(5.0)
バックアップ
(3.0)
サポート
(3.0)
総合評価
(3.0)
月額料金
初期費用 0円
無料おためし 14日間
エコノミー 126円
ライト(おすすめ) 250円
スタンダード 500円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
エコノミー 10GB
50GB/日

不可
ライト 50GB 150GB/日 1 対応
スタンダード 100GB 300GB/日 20 対応
MEMO
速度を考慮するとロリポ・さくら以上におすすめ

知名度とユーザー数の規模を考慮し、3位としているスターサーバーですが、格安系の中ではベストと言っても過言ではないコストパフォーマンスとなっています。

実は運営母体はレンタルサーバーでトップの信頼度を誇るエックスサーバー 系列の会社なので、信頼度も非常に高いです。

初期費用も安く、速度・スペックもロリポップと同等。

デメリットと呼べるのは、サクラ・ロリポほど有名ではない点くらいです。

ポイント
  • さくら以上、ロリポップと同等のスペック
  • 初期費用はロリポップより安い
  • SSLもOK
  • 知名度、利用者数は「ロリポップ」や「さくら」に劣る
  • いずれもワードプレスは遅すぎる

サバ

ロリポップ、さくらの”中間”と言った感じだね
ネームバリューさえ気にしなければ、最もコスパの良い格安サーバーと言えます

株式会社PEEP 高原

おすすめ4位:スウィートS

評価
表示速度
(2.5)
サーバースペック
(3.0)
料金
(5.0)
バックアップ
(3.0)
サポート
(1.0)
総合評価
(3.0)
月額料金
初期費用 0円
無料おためし 無し
ワードプレス無し 99円
ワードプレスあり 298円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
ワードプレス無し 10GB
無制限

不可
ワードプレスあり 100GB 無制限 3 対応
MEMO
サポートなしだが、それ以外はコスパ◎

法人向けサーバーで有名な「WebARENA」が運営する格安レンタルサーバーです。

運営母体はNTTPCコミュニケーションズなので、信頼度も高く安心して利用できる点が魅力。

サービスの特徴としては、

  • 電話・メールサポートが一切なし
  • それ以外は格安サーバーでトップレベル

という内容です。

※チャットボットでの自動応答サポートはありますが、対人でのサポートがありません。

低コストで運営するために、サポートを完全に無くしているという体制です。

その分スペックは高くなっているので、とりあえずサイトを載せられればOK!という方にはおすすめです。

ただ、初心者の場合はサポート無しでのサイト運営はかなりリスクが高いので、控えた方が良いでしょう。

また、転送量も表記上は「無制限」となっていますが、この価格帯なので一定の転送量を超えると絶対に速度低下が起きます。

その目安が不明である点も使いづらいポイントの一つと言えます。

ポイント
  • 安心のNTTグループ
  • スペックはロリポップ並み
  • サポート無しなのでトラブル時に困る
  • 転送量の上限が不明な点が使いづらい
  • 無料お試しがない

サバ

サポート無しはちょっと不安かも…
ある程度トラブルに対処できる人じゃないと不向きですね

株式会社PEEP 高原

おすすめ5位:バリューサーバー

評価
表示速度
(2.0)
サーバースペック
(2.0)
料金
(5.0)
バックアップ
(3.0)
サポート
(2.0)
総合評価
(2.5)
月額料金
初期費用 まるっと:0円

エコ:1000円

スタンダード:2000円

無料おためし まるっと:無し

その他:10日間

まるっと ドメイン1つとサーバーのセットで133円
エコ 167円
スタンダード 334円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
まるっと 25GB 5 日/GB
1 対応
エコ 50GB
5 日/GB
1
対応
スタンダード 100GB 10 日/GB 無制限 対応
MEMO
いろいろ無制限で魅力的だが、実は転送量で全てが制限される…

運営も大手のGMOグループということで、格安サーバーの中でも人気が高いバリューサーバー。

他社サーバーに比べて制限が少ないことが特徴です。

  • 100円台のプランでディスク容量50GB
  • 100円台のプランでWPが動く

といった点は、かなり良さそうに見えます。

ですが、まともにアクセスのあるイトを運営するのであれば、いくつか致命的なデメリットがあるのも事実…。

  • 速度が遅い
  • 1667円のスタンダード以上じゃないとサポートは期待できない…
  • 転送量が劇的に少ない

特に転送量が「1GB/5日」という制限はかなり致命的です。

一般的なウェブサイトを1回開くのには「1ページ2MB」くらいの転送量が必要です。

つまり、5日で500PVを超えると、サイトが表示されなくなってしまいます。

これではブログやアフィリエイトをするのはかなり厳しいと言わざるを得ません。

あくまで、

・ワードプレスの操作を練習する
・コードをいじって実験してみる

といった使い方しかなく、メインで使うサーバーとしては不足部分が多いでしょう。

ポイント
  • 100円台でワードプレスが使える
  • 容量も多い
  • 転送量が少なすぎて、サイト運営には不向き
  • あくまで練習・実験用

サバ

きちんと運営するサイトには微妙かも…
転送量の上限はかなりネックになってきますね

株式会社PEEP 高原

 

※おすすめ下位のサーバーについて

6-ika-server6位以下はおすすめ度も低いので、気になるサーバーがある方だけ読んでみてくださいね!

おすすめ6位:カゴヤのWP専用プラン

評価
表示速度
(2.0)
サーバースペック
(2.0)
料金
(5.0)
バックアップ
(3.0)
サポート
(2.0)
総合評価
(2.5)
月額料金
初期費用 無料
無料おためし 無し
グレード1 432円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
グレード1 20GB 1日200GB 1 対応
MEMO
どうしても500円以下でワードプレスを運用したいなら、これ一択

レンタルサーバーでトップの知名度を誇るKAGOYAのワードプレス専用プランです。

初期費用なし、月額432円という低料金で、このスペックを保持しているのは、かなりコスパが良いです。

・「どうしても500円以下のサーバーでワードプレス運用がしたい!」

というこだわりがあるのであれば、KAGOYAのワードプレス専用プラン(グレード1)の一択となるでしょう。

ただ、格安サーバーは表示速度の面でワードプレスの運用には向いていませんので、本来であれば月額1000円以上の一般的なレンタルサーバーを使うことを推奨します。

ポイント
  • 500円以下でワードプレス運用ができるスペック
  • 容量・転送量も十分
  • それでもワードプレスの本格運用は厳しい
  • ワードプレス以外が使えないので、サイト運営には不向き
  • 1サイトしか運用できない

サバ

格安では唯一、ワードプレスが使えそうだね
500円以下でワードプレスが使えるサーバーをあえて挙げるなら…というイメージでよいでしょう

株式会社PEEP 高原

おすすめ7位:コアサーバー

評価
表示速度
(3.0)
サーバースペック
(3.0)
料金
(5.0)
バックアップ
(3.0)
サポート
(2.0)
総合評価
(3.0)
月額料金
初期費用 無料
無料おためし 30日
ライトプラン(CORE-MINI)
198円
スタンダードプラン(CORE-A) 397円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
ライトプラン(CORE-MINI) 60GB 無制限 10 対応
スタンダードプラン(CORE-A)
120GB 無制限
無制限 対応
MEMO
総合的にトップの質!ネックはコントロールパネルの使いにくさ

全てにおいて、格安系ではトップクラスのクオリティーのコアサーバー。

  • 無料お試しの長さ
  • 料金
  • ディスク容量や転送量などのスペック面

など、ロリポップやさくらサーバーを上回る質を持っています。

唯一ネックになるのが、操作性です。

  • コントロールパネルが使いづらい
  • サイトの設置に工程が多すぎる

といった点で、不便なところがあるのが残念です。

質は高いので、少々使いづらくても良いという方には最適なサーバーと言えます。

タイトル
  • 容量・転送量も十分
  • ワードプレスの本格運用は厳しい
  • コントロールパネルが使いづらい
  • サイトの設置も手間がかかる

サバ

内容はさくらやロリポップと同レベルだね
ただ、操作性が悪いので、めんどくさがりな人にはおすすめしません

株式会社PEEP 高原

おすすめ8位:ミニム

評価
表示速度
(3.0)
サーバースペック
(3.0)
料金
(5.0)
バックアップ
(3.0)
サポート
(2.0)
総合評価
(3.0)
月額料金
初期費用 GoGo!プラン:1,188円

その他494円

無料おためし 14日
GoGo!プラン
59円
ミニマムプラン 120円
ミディアムプラン 160円
マキシマムプラン 200円
プレミアムプラン 500円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
GoGo!プラン 1GB 1GB/日 1 対応
ミニマムプラン
3GB 1GB/日
2 対応
ミディアムプラン
6GB 1GB/日
6 対応
マキシマムプラン
15GB 1GB/日
10 対応
プレミアムプラン
50GB 1GB/日
20 対応
MEMO
とにかく安い!初めてのウェブサイトに

ミニムの特徴は、

・めちゃめちゃ安くて
・ワードプレス も使える

という点です。

ただ、この価格でサーバー会社を維持することを考えると…

1台のサーバーかなりのユーザーが収容されていることが容易に想像できます。

必然的に、サイトの表示速度は遅くなってしまうので、本格的に運用するサイトを乗せるべきサーバーとは言えません。

アクセスや収益などを気にせず、まずはウェブサイトを作って見たい!

という超初心者ユーザーにはおすすめできるサーバーと言えます。

ポイント
  • とにかく安い
  • ワードプレスも導入できる
  • 表示速度は遅い
  • 本格的にサイトを運用するならおすすめしない

サバ

びっくりするくらい安いね!
初めてのサイト運営で、

・まずはワードプレスの操作を覚えて見たい!

といった要望にはマッチするサーバーと言えます

株式会社PEEP 高原

おすすめ9位:クイッカ

評価
表示速度
(3.0)
サーバースペック
(3.0)
料金
(5.0)
バックアップ
(3.0)
サポート
(2.0)
総合評価
(3.0)
月額料金
初期費用 926円
無料おためし 10日
エントリー
90円
ライト 230円
スタンダード 450円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
エントリー 10GB 31GB/月 非対応
ライト
10GB 31GB/
5 対応
スタンダード
30GB 31GB/
20 対応
MEMO
格安サーバーでおなじみだが、転送量が…

格安サーバーの中ではかなり知名度があるクイッカ。

安いサーバーを探していると、一旦は名前が目に入るくらいの知名度です。

ですが、利用するのには「転送量」という大きな弱点があります。

月に31GBだと1日1GBくらいが目安…

つまり1日500PVくらいのアクセスを超えると、サイトが表示されなくなる可能性があります。

月間15000PVが上限の目安になるので、収益のあるブログやアフィリエイトサイトを運営しようとなると、正直、厳しいです。

料金が安すぎるため、表示速度も決して早いとは言えず、仕事でサイトを運用するなら別のサーバーを選ぶ方が良いでしょう。

ポイント
  • とにかく安い
  • プライベート用のブログなどにはコスパ◎
  • 表示速度は遅い
  • 転送量の上限がネック

サバ

あくまでプライベート用という感じか
ビジネス用途じゃないなら、お勧めできるサーバーです

株式会社PEEP 高原

おすすめ10位:エクストリム

評価
表示速度
(3.0)
サーバースペック
(3.0)
料金
(5.0)
バックアップ
(3.0)
サポート
(2.0)
総合評価
(3.0)
月額料金
初期費用 926円
無料おためし 10日
ライト
94円
ベーシック 190円
ビッグ 238円
スペック
プラン ディスク容量 転送量 MySQL ワードプレス
ライト 2GB 非公開 3 対応
ベーシック
10GB 非公開
5 対応
ビッグ
20GB 非公開
20 対応
MEMO
安さは魅力!コントロールパネルと転送量が…

格安サーバーの中でも比較的知名度が高いエクストリムは、月100円以下でワードプレスが導入できるのが特徴。

クイッカとほぼ同じような内容ですが、

・コントロールパネルが使いにくい
転送量が非公開

転送量が非公開というのは、どのくらいのアクセスのあるサイトを作れるかが不明なので、ビジネスでサイト運営をするのは不向きと言わざるを得ないでしょう。

ポイント
  • とにかく安い
  • 趣味のサイト運営にはコスパ◎
  • 表示速度は遅い
  • 転送量が非公開
  • ビジネスには不向き

サバ

クイッカとほぼ同じだね
こちらも趣味用と割り切って使う分にはコスパのよいサーバーです

株式会社PEEP 高原

まとめ:収益・PVを増やすなら格安はNG!

WP-hutu-rentaruserverこの記事の内容をまとめると、下記のようになります。

格安サーバーで出来ること
200円以下 ・趣味用のサイト運営OK
・WPは非対応
500円以下  ・月2000PVまでならビジネスOK
・WPは現実的に使えない

つまり、

・ワードプレスいたい
・2000PV以上のビジネス目的

収益・PV目的のサイトを作るなら、月1000円前後以上のまともなレンタルサーバーを使ってください。

ここをケチると表示速度のせいで、アクセス数や収益に大きな損失が出てしまいます。

サバ

あくまで簡易的なサイトしか作れないんだね…
真面目にビジネス目的のサイト運営をしたい方は、下の記事で本当に使えるレンタルサーバーを選んでみてください。

株式会社PEEP 高原

基礎から学びたい方は…

【プロ監修】アフィリエイター・ブロガー向け!サーバー選びの”超”基礎知識

の記事で、格安サーバーと普通のレンタルサーバーの決定的な違いを解説しています。

格安と普通のサーバーの違いをしっかり比較出来るようになりたい方は、上の記事から読んでください。

まともに使えるサーバーを知りたい方は

プロしか知らない!マジでおすすめのレンタルサーバー比較ランキング!

の記事で、

  • ワードプレスでも表示が速い
  • 収益・アクセス目的で十分なスペック

という、本当に使えるレンタルサーバーをご紹介しています。

どのサーバー会社がベストなのかを知りたい方は、こちらの記事で、各社の特徴を理解してからお選びください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です